Tree of Savior

News

  • お知らせ

不正行為(放置狩り)への対応強化について

Tree of Savior スタッフ

日頃は『Tree of Savior』をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

現在『Tree of Savior』内で不正行為として対処している基準のうち、

 モンスターを倒せる地域で操作をせずにモンスターを攻撃できる手段を用意し、
 そのまま長時間操作せずにモンスターを倒し続ける(放置狩り)

上記を対応する際にゲーム内での声かけ対応を行っておりますが、
2017年5月19日(金)以降、一部のケースにおきましては
声かけ対応を行わない別の判断基準に沿って対応する可能性がございます。
条件を満たすとBOT対応同様、声かけなしで保護モードが適用される場合がございますので、
予めご了承下さいますようよろしくお願い申し上げます。

なお、保護モード対応回数によっては
『Tree of Savior』サービス利用停止処理の対象となりますので、充分ご注意下さい。

※保護モードに関してはFAQをご確認下さい。

 【[ToS]保護モードとはなんですか?/保護モードの解除方法を教えてください。】

今後も引き続き、不正行為に対しては厳正な対処を行い、
プレイヤーの皆様に快適なゲームプレイを提供できるよう努めて参ります。

今後とも『Tree of Savior』を、よろしくお願い申し上げます。

『Tree of Savior』スタッフ一同

ページトップへ