Tree of Savior

News

  • お知らせ

今後予定されているクラス関連アップデートについて

Tree of Savior スタッフ

日頃は『Tree of Savior』をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

皆様から多くのご支援をいただいておりますこと、厚くお礼を申し上げます。
2017年8月31日にご案内いたしました今後のアップデート内容に関して
追加の情報がありますので、ここにご報告いたします。

※使用されている画像はすべて開発中のものです。

ランクシステムの変更

今後行われるキャラクターランク拡張アップデートに合わせ、ランクシステムが変更されます。

これまでは新しいクラスが出る度に上位のランクが追加されましたが、
次の新規クラスから、以後実装されるすべての正規クラスのランクは8ランクで登場します。
一方、キャラクター最大ランクが8から9に上がり、8ランクの2サークルスキル、
あるいは7ランクの3サークルスキルを習得できる点は変わりません。
また、キャラクターレベル拡張やそれに伴う高レベル帯コンテンツアップデートとは分けて開発されます。

これは、クラスのランクに見合った強さ(攻撃力・攻撃スキルの基準値)が
これ以上上がらない……ということを意味します。

新規クラスの1サークル目のランクを9、10、11…と上げ続けない理由は、今後多くの新規クラスが登場しても
最終戦闘力を担当するクラスが常に最後の上位一、二種類に絞られてしまい、
ビルドツリー選択の自由度がむしろ制限されてしまうためです。

『Tree of Savior』のキャラクターの戦闘能力を決める項目には、
2017年5月31日に行われたダメージ計算式改編の前後で異なる点があるのですが、
改編以前はランク(上位ランククラスのスキル攻撃力)がメインだったとすると、
改編以降はレベル(ステータス)とアイテムにその基準が移されました。
別の言い方をすると、以前は低ランククラスの攻撃スキルの寿命がすぐに尽きてしまい、
普遍的な機能を持つ一部の補助スキル(バフ)だけが長く使えるという状況でした。

改編後は持続的にクラスとアイテムを追加していき、
キャラクター戦闘力の縦の成長(スケールアップ)はレベルとアイテムが担い、
スキル(クラス)は戦闘での戦術的応用ツールとして横の種類(バリエーション)が拡張され、
プレイヤーの好みに合わせてビルドすることができる環境を作ることが目標となります。

この改編から、攻撃係数の序列が同じになるクラスランク8を起点として
多様なクラスの種類が横に拡張され、係数序列に余地のある低ランククラスは
今後マスターサークル(仮称)の導入を通じ、
上位ランククラスの水準に合った戦闘/機能の能力まで拡張する計画となります。

新規クラスの導入方式変更

ランクシステム改編とともに、新規クラス関連のアップデート周期と数が次のように変更されます。


今まで
約1年周期で計8種(系統ごとに各2種)の新規クラスを1回のアップデートで追加
新規クラスは既存キャラクターランクより1高い上位ランク
そのため、すべての戦闘系コンテンツとレベル拡張アップデートを同時に適用

変更後
定期的に1種の新規クラスを追加(今回の改編では4種追加)
正規クラスは全て8ランクから水平的に拡張
キャラクターレベル拡張及び他の戦闘系コンテンツとは別にアップデート

これまでは系統ごとに2種ずつ、計8種の上位ランククラスが約1年周期で
別の上位レベルコンテンツ(レベル拡張、フィールド、インスタンスダンジョンなど)
とともにまとめてアップデートされる方式でしたが、
今回のアップデートでは4種(系統ごとに1種ずつ)の新規クラスが登場し、
その後は1種(系統ごとにローテーション)の新規クラスが定期的に追加される方式に変更されます。

また、既存の7ランククラスの3サークルスキル、8ランククラスの2サークルスキルが追加され、
一部クラスには新しい特性が追加されます。新規クラスも2サークル分が最初から用意され、
次のキャラクターランク拡張(10ランク相当)時には8ランクの全クラスで3サークルが追加され、
その後導入されるクラスは全て8ランク3サークルの仕様で登場します。

クラスロールバックシステムの追加

クラスビルドは『Tree of Savior』の特徴的なシステムですが、同時に最も分かりにくい部分でもあります。
クラスビルドの自由度が高いほど難しく、選択肢が多いことによる負担と後悔も増してしまいます。 ※画像はイメージを元に加工したものです。

これからは、全てのキャラクターがいつでも現在のキャラクターの最終転職クラスを1つ消し、
転職以前のクラスに戻す
ことができます。例えば、

クレリック×2→プリースト×2→モンク×3→インクイジター

と転職してきたキャラクターがロールバックすると、最後に転職したインクイジター1サークルが削除されて

クレリック×2→プリースト×2→モンク×3

の状態に戻り、再度クラスを自由に選択することができるようになります。

ただし、最後に転職してからのクラス経験値は初期化され、ロールバックをした状況
(転職権限が残っている、キャラクターランクは8だがクラスは7の状態)から
さらに7番目のクラスを初期化することはできません。
簡単に言うと、連続でのロールバック(ランク初期化)は不可能という意味になります。

なお、それまでに達成済みのクラス解禁状態は維持されますので、
再度同じクラスに転職する場合は解禁手順(クエストなど)が不要になります。

転職クエストの変更

新しく追加される正規クラスは転職クエストがなく、特定の解禁条件を達成した後
マスターと話せば転職
できます。隠しクラスのように難しい条件ではありません。

既存のクラスは新しい解禁条件なしに転職クエストだけ省略されるので、
転職メニューでクラスを選択すればすぐに転職でき、
希望すればマスターのいる場所へワープすることができます。
既存クラスの転職クエストはリニューアルを経て各マスターが提供する
一般的な独立型サブクエストとして再編される予定です。

新規に追加されるクラスの場合、転職後にマスターを通じて
もう一度専門クエストを遂行することができます。専門クエストは難度の高い対決ミッションや、
収集・ギミック解除などの挑戦課題で構成されており、挑戦のチャンスは一週間につき2回与えられます。

新規クラスのコスチュームはデザインやカラーなどに多くのバリエーションがあり、
転職すれば基本形のコスチュームを獲得できます。
専門クエストの難易度別クリア状況によってさらに上位デザインのコスチューム
コスチューム専用のアクセサリーなどを追加報酬として獲得することもできます。

クラスバランスの調整

上記のような全体の方針調整とは別に、引き続き各クラスの調整も進めてまいります。
現状の大まかな調整予定は、以下のとおりです。

・パラディン
 - 両手鈍器武器を装備可能
 - 両手鈍器専用攻撃スキルの追加
 - 広範囲援護系スキルの追加


・プリースト/パードナー
 - スペルショップで販売されるバフの効果量・持続調整
 - キャラクターが直接使用するバフの効果量・持続調整


・クリヴィス
 - スキル「ダイノ」改編(※バフ数制限システムの改編に伴う変更)

・オラクル
 - 複数スキルの使用感向上

その他のクラスにつきましても、適時調整を進めて参ります。



今後とも『Tree of Savior』を、よろしくお願い申し上げます。

『Tree of Savior』スタッフ一同

※本告知に掲載されているアップデート内容および画像情報は、
 開発状況により変更される可能性がございます。
 また、告知中の項目順は、実際のアップデート日程との関連性はございません。
 なお、記載されていないコンテンツや調整が行われる場合もございます。予めご了承下さい。

ページトップへ